今だから良い海外留学で自分の人生の体験をしてみよう

基礎的

会議を行なう男女

英検の歴史と英検で身に付くこと

今日、英検は日本だけでなく海外でも認められる有名な英語の実用試験となりました。 一般には略して英検などと呼ばれていますが、正式名称は実用英語技能検定です。 1963年8月、第一回目の英検が実施され、以来、半世紀以上に渡って多くの学生や社会人が自分の英語能力を計るために受験しています。 英検は5級から1級まであり、3級からは面接試験も行われます。 隣接した級を同時に受けられるダブル受験もあり、難しい級にも挑戦しやすくなっています。 受験者の多くは英検の資格をとることを目標にしていますが、英検対策として英語に多く触れ理解を深める、合格までのプロセスも同じくらい大切です。 英検対策ができる参考書やワークは多くの出版社から様々な形式のものが発売されています。 たとえば、旺文社からはでる順合格問題集や7日間完成対策ドリルなどが発売されており、効率的に英検対策ができます。 また、近年は参考書だけでなく、パソコンを使って学習できるスタディギアもあり、お金をかけずに英検対策ができます。 スタディギアの専用クーポンは受験の申込みをした学校などでもらえます。

英検対策と本番の解き方のコツ

英検の問題は毎年変わるので、英検当日までに日にちがあれば過去問を利用して自分で出題予測をするとよいです。 時間に余裕がなければ、各出版社が発売する「予想問題ドリル」などを解いて、どんな問題が出題されても答えられるように効率的に英検対策することをおすすめします。 英検の過去問は書店で買わなくても、英検のオフィシャルサイトで答えやリスニングもすべて無料でダウンロードできます。 本番そっくりの形式なので模擬試験もできます。 英検はすべてマークシートなので、文章をすべて理解できなくても、知ってる単語から文脈をつかむことが大切です。 選択肢のなかには、似たようなものや回答者を混乱させるようなものもあるので、微妙なニュアンスの違いにも気をつけてください。